副腎疲労症候群、慢性疲労症候群、膠原病、その他原因不明の体調不良を治すためには


このホームページでは慢性疲労症候群や副腎疲労症候群、線維筋痛症、その他の難治性の病気を治療するための「私が考えた理論」や「既存の栄養療法の副作用(問題点)」を記載しております。

 

医療関係者向けに作成しているホームページではないので、ミトコンドリア、TCAサイクル、メタロチオネインとは、といった話をするつもりは全くありません。

 

難治性の病気で苦しんでいる方がサプリメントや薬を使用せずにご自身の力で完治させる為の考え方と知恵を掲載しております。

このホームページが難治性の病気にかかり苦しんでいる方の一縷の希望の光となることを心より願っています。

 

様々な病気を発症する原因の一つとして


もし、あなたが病院に行く回数を減らし、常用している薬やサプリメントを一つでも多くやめることが出来れば、先々、新たな病気を引き起こす可能性を減らすことが出来るでしょう。

 

ワクチンの中には水銀やアルミニウム、胃薬の中にはアルミニウム、整腸剤の中にはビスマス、アマルガムには水銀、金銀パラジウム合金は銀やパラジウムが含まれています。サプリメントにもこれらの重金属が添加されている事があります。

これらの重金属の量は、水道水に含まれる鉛の量や、海産物に含まれるヒ素や水銀の量、ホットケーキに含まれるアルミニウムの量、米に含まれるカドミウムの量を遥かに上回ります。

 

どれだけ食事に気を付けていたとしても、薬を服用する頻度が多い方は様々な病気を引き起こすリスクは高まるといえるでしょう。逆の言い方をしましょう。多少食生活が乱れていたとしても、薬を服用しない方は、健康に暮らすことが出来るのです。(もちろんファーストフードやコンビニ食品は避けた方が望ましいですが。)

 

 

なぜ、健康な人がずっと健康で人生を全うし、病院に行く習慣のある人程、様々な疾患が増えていくのか。

世の中は不平等です。世界中の全ての人間は平等かつ公平に機会を与えられている訳ではありません。それが格差に結びついたとしても、それを受け入れるしかないでしょう。

しかし、人が生まれて健康に生き、生涯を全うする為の知恵や知識は平等に与えられてもよいのではないでしょうか。

 

仮にそれが特定の業界の利益を損なうようなことがあったとしても。

 

人が健康を保ち幸せに生きる権利はあるはずです。