ピロリ菌

著名人の堀江貴文さんがピロリ菌除菌のクラウドファンディングを始めているようです。

ピロリ菌を除菌して胃がんになる確率を減らそうという事で、医学会の権威ある方々と連携して活動しているとのこと。

見識があり、物事を深く考察する方だと思っていたので、この様な活動を行っているのは残念でなりません。

 

ピロリ菌が存在することで、体内では、ピロリ菌に対する抗体を作ることが出来ますし、現在の研究では逆流性食道炎や食道がんを抑制する役割を持っていることも判明しています。

 

そもそも、人間が乳児、幼児期に抵抗力が弱いのは、体内の菌が少ないからだと言われています。成長するに従って抵抗力や免疫力が増していくのは、様々な環境下において、多種類の菌やウイルスを体内に取り入れ、体内の細菌が多様化する為であると言われています。

 

ですから、昔からアトピーの子供はなるべく土遊びをし、自然環境に触れさせればアトピーが改善される、というのは理にかなって解決方法です。土には、土壌菌が豊富に住んでいますからね。

 

そもそも、せっかく成長の過程で様々な菌を体内に取り入れ、人体を守ってくれる腸内フローラを形成したのに、成人してから、様々な薬品を使って一つずつ除菌していくなんて本末転倒です。近年、成人のアトピーが増加しているというのも頷けますね。

 

是非、堀江さんには腸内細菌の第一人者である光岡先生や藤田先生の見解も聞いて頂きたいと思います。