職業上、ワクチン接種を義務付けられている方の自己防衛方法

これまでワクチン接種の問題点について、多くの記事を書いてきましたが、接客業の方等、所属企業の規定により、ワクチン接種を義務付けられている方が、どのような対策を取れば、ワクチンの副作用を減らせるかということを記載したいと思います。

 

《事前の準備事項》

・ワクチン接種の少なくとも2週間以上前から、体内のミネラル不足を解消するよう食生活に注意しておくこと

 

《ワクチン接種、前日、当日、翌日の準備事項》

良質の脂質を摂取すること。卵やバター、肉や魚に含まれる脂質が良いでしょう。加工食品に含まれるショートニングやマーガリン等は避けて下さい。アマニ油やエゴマ油等でも良いのですが、製造加工輸出の段階で酸化してしまうことがあるので、これらの油を摂取する場合は、製品を良く選んで下さい。

 

ビタミンCを多めに摂取すること。摂取方法としては、みかんやじゃがいも、柿の葉茶がお勧めです。これらはビタミンCが多く含まれていますが胃に負担が掛からないので、摂取しやすいですし、スーパーでも手軽に手に入る食材です。ビタミンCは水溶性のビタミンですので、上記、3日間の間はこまめに摂取するように心がけて下さい。

 

《ワクチン接種、当日の準備事項》

・疲労が溜まっている時、イライラしている時、等の交感神経が優位に働いている時はワクチン接種を避けること。またワクチン接種を行う日は、必ず終日ゆっくりと過ごせる日に行うこと。(副交感神経を優位にさせること。)

 

《ワクチン接種後》

・ワクチン摂取の7日後、14日後、21日後もあまり予定を入れずにゆっくり過ごすこと

(副交感神経を優位にさせること)

 

これらを実施することで体内にどの様な変化を生じさせているかというと、血中のビタミンCとコレステロールを上げる事により、ワクチンにより濃度が増した血中の重金属を各細胞と結合させないようにし、体外に排出しやすくしていることと、免疫系に重篤な異常を生じさせるリスクを減らしていること、です。

詳細なメカニズムとエビデンス及びその解釈を載せると、とても長い文章になってしまうので割愛させて頂きます。

あくまで普通の人が、副腎疲労症候群やその他の難治性の病気を発症する可能性を減らす事が目的であり、専門用語を並べて、敷居を高くする必要はないと考えておりますので。

 

改めて、お伝えしますが、個人的にはワクチンは接種すべきでないと考えております。

上記はあくまで接種が義務付けられている方が副作用で苦しむ可能性を減らす為の対策方法です。

 

本来、ワクチン接種を行う病院で注意事項として上記の事を事前に伝えておくべきなのですが…今まで散々書いてきましたが、日本の医療業界の体制や慣習、営利重視の姿勢には非常に疑問を感じています。

 

ワクチン接種や薬剤の静脈注射については、また近々、ホームページに記載したいと思い

ます。