三浦和良選手について

サッカーのJリーグで活躍する三浦和良選手は、今年で50才となる世界最年長の現役プロサッカー選手です。本当にすごい事ですね。

自分にあったレベルで適度に運動をして心身に負荷をかけ、適度に休息を取る。その繰り返しが、彼を健康かつ若々しく保たせている秘訣でしょう。

好奇心を保ちつつ、加齢による変化を素直に受け止める事も、とても重要なポイントだと思います。

 

私は会社勤めをしていて思うのですが、現代人の多くは「何かあったら病院に行こう」「~不足だ。」こういった思考に陥る方が非常に多いです。

 

数十年前の日本や世界各国と比較しても、これだけ満たされている現代の日本において、思考は「不足している、不足している」になってしまったのは何故でしょう。

 

これから現代人は、医者に言われれば、ビタミンやミネラルを取り、少し筋肉痛が起きれば車椅子に乗り、加齢によりホルモンが減れば、ホルモン剤を取り…

何十年も掛けて、最終的に何になるつもりなのでしょうか。

(そうなってしまったら冗談抜きに植物よりも生命力の劣る生物になる気もします…)

 

60兆個もの細胞と1000兆個もの微生物の集合体である人間の生命力って、そんなにやわではないと思います。自分で認識している自分以外にこれだけの細胞と微生物が種を保存しようとして、相互に生命力を働かせてバランスを保っているのですから。

現実の変化を受け止め、適切に負荷を掛け、適切な休息を取り、好奇心を持って新しい事にチャレンジして、楽しく生きると健康で若々しくいられる。

 

まさに三浦選手が体現している事だと思います。